ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・形状・大きさ・サイズ

ランドセル 2008モデルの選び方・形状・大きさ・サイズについて

ランドセル 2008モデルの形状(デザイン)についてです。
現在では様々なデザインのランドセルが販売されており、ちょっと変わった横型タイプのものやデザインの変わった変形タイプのものは、中に入れた教科書などの結構重量のあるものが、内部で片方に偏ってしまって重量バランスが悪くなってしまう場合があります。

重量バランスが悪くなってしまうと、お子さんの体への負担も大きくなり、体への力の掛かり方が偏ることがあります。このランドセルの重量バランスの悪さが原因で、背骨が湾曲してしまうことがあり、社会問題となったこともあったようです。

一時の流行などに左右されずに、お子さんの体のことも考えてあげて、背負った時に重さが両肩に均等にかかるランドセル選ぶことも重要なポイントです。

また、横型ランドセルは、教科書やノートを横に入れるため、たわむことがあり傷みやすくなるので注意が必要です。


ランドセル 2008モデルの大きさ(内容量)についてです。
現在のほとんどのメーカーがA4サイズの収納には対応していますが、各メーカーによって、若干サイズに差があるようです。

よって、ランドセル 2008モデルの比較するには、主な収納部分の高さの幅(大マチ幅)がのポイントになってくるようです。A4サイズが収納できるのがほとんどなので、大マチ幅の大きさがそのランドセルの収納力の違いになってきます。

高さの幅も様々あり、低いもので9cm位のものから高いもので12cm位のものがあります。もしも収納力の小さなランドセルを選んでしまった場合、お子さんが学校に通うときの荷物が増えてしまうと、ランドセルに全部入らないケースが起こります。この場合、手提げ袋やカバンなどを持たなければならない場合が起こってきます。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの丈夫さ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの丈夫さについて

ランドセル 2008モデルを選ぶ際、ランドセルの丈夫さもその選ぶ基準になると思います。ランドセルの丈夫さを見るひとつのポイントは、補強部分を見るとよくわかります。ランドセルの補強部分は、ランドセルを製造するときに最も手間がかかるといわれています。ランドセルの丈夫さがランドセル選びのポイントのすべてとはいえませんが、そのメーカーの商品作りのレベルや姿勢が良くわかります。

どんなランドセルも職人さんの手縫いとミシンとで作られています。ランドセルは構造が複雑なためミシンでは縫えない箇所はどんなランドセルでも手縫いで作られています。最近は、学校で、ロッカーにランドセルをしまうことが多く、背負いベルトのステッチが擦れ易いのでこの部分にてがかかっているものほど、丈夫であるといえます。

ランドセルの背負いベルトを作っているステッチは、4本のステッチよりも6本のステッチのもののほうが、丈夫で安心できます。また、背負いベルトは穴裏の部分が傷みやすいので、見せ掛けだけの補強のものは注意が必要です。背負いベルトの取り付け部分は最も力のかかる部分なので、この部分にも注意が必要です。各メーカーによって仕様が異なっているので、よく比べてみて満足のいくものを選んでください。

錠前取り付け部分は開け閉めのたびに力が掛かる部分なので、この部分もよく比べてみて満足のいくものを選んでください。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの丈夫さについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・防犯ブザー

ランドセル 2008モデルの選び方・防犯ブザーについて

近年、犯罪や事故に小学生が巻き込まれるケース多くなってきているのはご存知のとうりです。また通学時の子供の安全確保のために、親御さんが自衛用の防犯ブザー付のランドセルを購入されるケースも多く、防犯ブザー付のランドセルが人気があります。

ランドセル 2008モデルも含めて、最近では防犯ブザーが付属していなくても、防犯ブザーフック付きのランドセルが増えてきています。しかし、固定式の防犯ブザーフックは、子供さんの身長が大きくなる高学年になってくると肩の上にフックが来てしまって使用できないことがあるようです。このことから、防犯ブザーフックは移動できるものを選ぶのが良いと思います。

また、防犯ブザーが必要ない場合は取り外すことができるランドセルを選んであげましょう。防犯ブザーは近年普及してきていますが、使わない場合もあるようなので、その場合は取り外すことができるものが便利です。

また、防犯ブザーをせっかく持たせていても、ランドセル側面に取り付けていては、いざというときに手が届かず使用できないことがあるようです。防犯ブザーは体の前面に取り付け、お子さんの手が届くところに取り付けてあげないと、防犯ブザーの効果を発揮する事はできないことがあるので注意しましょう。必ず手の届きやすい場所にに取り付けてあげてください。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・防犯ブザーについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルのアフターサービス

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルのアフターサービスについて

ランドセル 2008モデルを購入したとき、6年間保証がついていると思います。しかし、保証と言っても、各メーカーによってその内容に差があるようです。また、普通の場合、「6年間保証」といっても、それは正常に使用している場合の破損の「品質保証」という場合がほとんどです。

しかし、実際にランドセルを使用するは、遊びたい盛りのお子さんですし、正常使用以外で壊れてしまう場合や、いつ壊れたかわからないなどで故障する場合もあります。アフターサービスの内容も各メーカーによって違う場合があるので、この部分の故障は有償になってしまうのか、それとも無料で保証してもらえるのかなど、具体的な無料保証の内容を確認しておきましょう。

6年保証の内容確認について
1.どの程度の故障まで無料保証なのか確認しておく。例)故意に壊してしまった場合など。
2.保証書を失くしてしまった場合の保証は受けられるか?
3.修理に掛かる時間の確認、貸し出し用ランドセルの有無。
4.送料負担の問題。
5.品質保証=6年間の故障箇所の修理保証ではない。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルのアフターサービスについてでした。

ランドセル 2008モデルの傾向について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さについて

ランドセルを選ぶ際に、そのランドセルがご自分のお子さんに背負わせることを考える必要があります。そうかといって、軽いものを選んでしまうと、サイズが小さ過ぎて教科書などが入りきらずに失敗したという方も多くいらっしゃるようです。

「このランドセルが軽いから」という理由でランドセルを選ぶのではなく、背負い易さ・使いやすさ・丈夫さを考えた上での軽さが重要になってきます。

ランドセル 2008モデルも含めて、今のランドセル業界では、ランドセルの重さは、1s位が標準とされています。700gや800gなどの極端に軽いランドセルは、サイズが小さいため収納力が低かったり、表面の素材が薄いため擦り切れなどの傷に弱かったり、ランドセルを補強するための材料が少なく型崩れなどを起こしてしまうなど、いろんな問題があるようなので注意が必要です。

防水性能もランドセルの重さに影響する場合があります。撥水加工のものだと、雨などでランドセルが濡れてしまった場合、ランドセルの糸目から裏地や芯材まで水が染み込むことになるので、水を吸ったランドセルは重くなってしまいます。子供さんは6年間、雨の日も学校へ通学するのですから、防水加工がしっかりとしたランドセルを選んであげましょう。

ランドセルは軽いものであるのにこしたことはありませんが、
丈夫さ、収納力、使いやすさ、背負いやすさ、安全性なども考慮に入れて、ランドセルを選んであげることが重要と言えると思います。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材について

ランドセル 2008モデルも含めて、最近のランドセルを製造するのに採用されている素材は、大きく分けて人工皮革製品と本皮製品の2種類があります。人工皮革製品の代表はクラリーノで、最近のランドセルの売れ筋は軽くて丈夫なクラリーノ製が主流となっているそうです。クラリーノは、(株)クラレが開発した人工皮革で、従来の合成皮革にない様々な性能を発揮しています。片や、本皮製品の代表は牛革です。牛革は、皮革なので、味わがあり、永く愛着を持って使えるのが特徴です。

クラリーノは、軽くて丈夫、防水効果に優れているなどの特徴を持っています。そのほかの特徴としては、牛革に比べて重量が軽い、牛革と比較して引き裂きの力に弱い、水分に強いなどの特徴があります。ランドセルの部品としてクラリーノが適している箇所は、背負いベルトの裏や背中にあたる部分などの汗をかく箇所、ランドセルのフタの裏側などがあります。

牛革の特徴としては、クラリーノに比べて引き裂く力に強い、クラリーノに比べて重い、馴染みやすい、水分を嫌うなどの特徴があります。牛革が適している箇所は、背負いベルトや、下ベルトなどの力が掛かってくる箇所に部品として使われていると良いといわれています。

ランドセルは場所によって、引っ張りや摩擦力などの強い力に耐える強度が必要な部分や、 湿気や水に対処する部分など、役割が異なってきます。総牛革のランドセルや総クラリーノのランドセルよりも 素材を適材適所組み合わせたランドセルが理想なのだそうです。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材についてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能について

ランドセルの防水性能は、その防水性が一時的な撥水加工なのか半永久的な防水加工なのかが重要になってきます。さらにランドセルの表面の加工だけでなく、裏地や芯材にも防水加工が施してであるかどうかも重要です。

現在販売されているランドセルの中で、大半のランドセルの防水加工は、クラリーノや牛革の素材自体に撥水加工がされているということを意味しています。撥水加工というと、完全に防水に対応しているイメージがありますが、水をはじく加工がしてあるのはランドセルの表面だけなので、ランドセルの裏地や芯材が防水加工を施してあるという意味ではありません。

表面の撥水加工だけだと、雨などでランドセルが濡れてしまったり何らかの原因で水でぬれてしまうと、ランドセルの糸目のところから水が浸み込んでしまい、裏地・芯材が濡れるなどしてランドセルが痛んでしまう原因となるのだそうです。内部まで水分が浸み込んでしまうと、乾きにくいので、カビの原因になったり、最悪腐ることがあるそうです。

チェック柄素材のランドセルも同様で、ふたの裏や内装材などが一見防水加工に見えても、表面にビニールコーティングしてあるだけでだと、糸目から浸水して布地が濡れてしまい、やはりカビなどの原因になります。水を吸ってしまったランドセルはその分重量が増えるため、子供さんへの負担が大きくなってしまい、大変可哀想なことになります。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能についてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさについて

ランドセルの背中に当たる部分は、ランドセルを背負ったときの通気性が優れている防水素材のものを選びましょう。ランドセルを背負ったときの背中は、湿気がこもってしまうので、通気性・防水性に優れた素材のものを選びましょう。背中に牛革を使って高級感を出した少々値の張るランドセルがあるそうですが、牛革は湿気に弱いので汗を吸収すると傷んでしまい、カビの原因になるそうです。

ランドセルの背中の形状は、背負いやすさにはあまり関係が無いそうです。背中にステッチなどが入ったものがありますが、ランドセルの背負い易さはベルトの形状で決まるので、あまり気にしないで良いでしょう。

軽くて耐久性のあるクラリーノが、ランドセル用の素材として最適といわれていますが、 クラリーノを使っても、手を抜かずにランドセルを作ると、約1s〜1.1s前後の重量にはなるそうです。さらに、ランドセルは教科書などが入ると2〜3sの重さになります。しかし2〜3sの重さであっても、ランドセルのベルトの構造によって、小学生のお子さんの体への負担軽減になり、さらに背負いやすさも変わってきます。ベルトが肩にフィットしていないランドセルだと、肩ズレが起こって、子供さんにとってはランドセルを背負うのが苦痛になります。お子さんの肩のラインにフィットする形状のベルトを選びましょう。

また、背負った時の状態について説明すると、肩と背中の間に隙間ができないようにランドセルが体にフィットしていると、ランドセルの重量を肩と腰の部分とで支えるようになるので、体への負担が少なくなります。

体にフィットする形状のベルトを選んでも、ベルト自体がきつい場合は、体への負担軽減してくれる効果は薄れてしまいます。また、最近の子供さんは発育が良いので、小学校高学年にもなるとベルト自体の長さが足りなくなり、窮屈になってしまうケースがあるのだそうです。6年間使うものですから、お子さんの成長も考えて、窮屈になった場合にベルトを長くすることができるかチェックして選びましょう。また、ベルトはなるべく長いものを選びましょう。

お子さんが成長するにつれて、体も大きくなり、肩幅も広がってきます。ランドセルを背負いやすくするために、ベルトが付け根から先端に向かってV字型になっていて、ベルトを長くすることで首周りの幅を広げることができるものを選んであげましょう。また、ランドセルを背負う、下ろすの動きをスムーズにしてくれる部品が付いているものが良いでしょう。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさについて

ランドセルの錠前は、錠前は練習しなくてもすぐ使える簡単なものを選んであげましょう。ワンタッチタイプのマグネット式に止め金具が有ると安心ですが、そのほか、穴を選ば無くてもすむ、縦穴式の錠前が使いやすいと思います。

仕切りポケットはシンプルなものが人気があるようです。
「仕切りポケットは2段式で十分」というのが、多くの小学生の意見だそうです。3段式のものもありますが、子供さんには、細かすぎるポケットはかえって不便なのだそうです。 また、3段式などの仕切りが多いランドセルは、教科書を入れるメインの収納部分(マチといいます)が狭くなるので、使いにくくなります。また、教科書を入れるマチは12cm位のゆったりしたタイプのランドセルなら出し入れもしやすいので使いやすいそうです。

ファスナーポケットは大型が使い勝手が良いようです。せっかくファスナーが付いていてもポケット自体が浅い場合や、マチが狭かったりすると使わないことが多いようです。ポケット自体が深く深さ20センチ以上、ある程度の幅を持ったものならば使いやすいようです。

ランドセルのフタは柔らかい開け閉めのしやすいフタものを選んであげてください。フタが硬いと、折れたところにシワが出来てしまい、ランドセルの素材が傷みやすくなるのと、フタの開け閉めも難しくなり不便です。

その他、肩ベルトも背負いやすいか確認してください。背カン(肩ベルトの取り付け金具)が動くことでお子さんの体にフィットし、成長に応じた働きをします。 ランドセル 2008モデルでは、「天使のはね」「妖精の翼」などの構造は大好評です。 また、ランドセルの裏側(背中側)が体に密着すると背中が蒸れやすくなるので、ランドセルの背面に空気が流れる凹凸があるのをを確認しましょう。 3LサイズのランドセルはA-4サイズが完全に収納でき、副教材も楽に収納できるので使いやすいです。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの重さ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの重さについて

現在の業界の常識では、耐久性が優れていて、軽くてお子様に優しい、クラリーノが、ランドセル用の素材として、一番適しているといわれています。ランドセル 2008モデルでも、一番の人気はやはりクラリーノ製のものとなっています。

ですが、この非常に軽いクラリーノを使って、手を抜かずに丈夫に実際にランドセルを製造してみると、約1000g〜1100g前後の重量になるのは必然なのだそうです。「子供のためになるべく重量の軽いものを」という気もちはわかるのですが、あまりにも重量の軽すぎるランドセルは、補強不足の心配がありますし、素材の生地が薄すぎて耐久性に不安があると思ったほうがいいと思います。

少し前、各メーカーがランドセル軽さを競ったことがあって、ランドセル自体の重さが700gを切ってしまうような軽量のランドセルが生産され販売されたことがありましたが、これらには、どうも丈夫さ・耐久性にやはり問題があったようです。

お子様に軽いランドセルをと言う気持ちはとてもよく解るのですが、ほぼ毎日お子様が6年間も使用するものですから、軽さのみでなく耐久性、サイズ、色、デザイン等も十分考慮に入れて選んで購入しましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。