ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材について

ランドセル 2008モデルも含めて、最近のランドセルを製造するのに採用されている素材は、大きく分けて人工皮革製品と本皮製品の2種類があります。人工皮革製品の代表はクラリーノで、最近のランドセルの売れ筋は軽くて丈夫なクラリーノ製が主流となっているそうです。クラリーノは、(株)クラレが開発した人工皮革で、従来の合成皮革にない様々な性能を発揮しています。片や、本皮製品の代表は牛革です。牛革は、皮革なので、味わがあり、永く愛着を持って使えるのが特徴です。

クラリーノは、軽くて丈夫、防水効果に優れているなどの特徴を持っています。そのほかの特徴としては、牛革に比べて重量が軽い、牛革と比較して引き裂きの力に弱い、水分に強いなどの特徴があります。ランドセルの部品としてクラリーノが適している箇所は、背負いベルトの裏や背中にあたる部分などの汗をかく箇所、ランドセルのフタの裏側などがあります。

牛革の特徴としては、クラリーノに比べて引き裂く力に強い、クラリーノに比べて重い、馴染みやすい、水分を嫌うなどの特徴があります。牛革が適している箇所は、背負いベルトや、下ベルトなどの力が掛かってくる箇所に部品として使われていると良いといわれています。

ランドセルは場所によって、引っ張りや摩擦力などの強い力に耐える強度が必要な部分や、 湿気や水に対処する部分など、役割が異なってきます。総牛革のランドセルや総クラリーノのランドセルよりも 素材を適材適所組み合わせたランドセルが理想なのだそうです。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材についてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能について

ランドセルの防水性能は、その防水性が一時的な撥水加工なのか半永久的な防水加工なのかが重要になってきます。さらにランドセルの表面の加工だけでなく、裏地や芯材にも防水加工が施してであるかどうかも重要です。

現在販売されているランドセルの中で、大半のランドセルの防水加工は、クラリーノや牛革の素材自体に撥水加工がされているということを意味しています。撥水加工というと、完全に防水に対応しているイメージがありますが、水をはじく加工がしてあるのはランドセルの表面だけなので、ランドセルの裏地や芯材が防水加工を施してあるという意味ではありません。

表面の撥水加工だけだと、雨などでランドセルが濡れてしまったり何らかの原因で水でぬれてしまうと、ランドセルの糸目のところから水が浸み込んでしまい、裏地・芯材が濡れるなどしてランドセルが痛んでしまう原因となるのだそうです。内部まで水分が浸み込んでしまうと、乾きにくいので、カビの原因になったり、最悪腐ることがあるそうです。

チェック柄素材のランドセルも同様で、ふたの裏や内装材などが一見防水加工に見えても、表面にビニールコーティングしてあるだけでだと、糸目から浸水して布地が濡れてしまい、やはりカビなどの原因になります。水を吸ってしまったランドセルはその分重量が増えるため、子供さんへの負担が大きくなってしまい、大変可哀想なことになります。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能についてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさについて

ランドセルの背中に当たる部分は、ランドセルを背負ったときの通気性が優れている防水素材のものを選びましょう。ランドセルを背負ったときの背中は、湿気がこもってしまうので、通気性・防水性に優れた素材のものを選びましょう。背中に牛革を使って高級感を出した少々値の張るランドセルがあるそうですが、牛革は湿気に弱いので汗を吸収すると傷んでしまい、カビの原因になるそうです。

ランドセルの背中の形状は、背負いやすさにはあまり関係が無いそうです。背中にステッチなどが入ったものがありますが、ランドセルの背負い易さはベルトの形状で決まるので、あまり気にしないで良いでしょう。

軽くて耐久性のあるクラリーノが、ランドセル用の素材として最適といわれていますが、 クラリーノを使っても、手を抜かずにランドセルを作ると、約1s〜1.1s前後の重量にはなるそうです。さらに、ランドセルは教科書などが入ると2〜3sの重さになります。しかし2〜3sの重さであっても、ランドセルのベルトの構造によって、小学生のお子さんの体への負担軽減になり、さらに背負いやすさも変わってきます。ベルトが肩にフィットしていないランドセルだと、肩ズレが起こって、子供さんにとってはランドセルを背負うのが苦痛になります。お子さんの肩のラインにフィットする形状のベルトを選びましょう。

また、背負った時の状態について説明すると、肩と背中の間に隙間ができないようにランドセルが体にフィットしていると、ランドセルの重量を肩と腰の部分とで支えるようになるので、体への負担が少なくなります。

体にフィットする形状のベルトを選んでも、ベルト自体がきつい場合は、体への負担軽減してくれる効果は薄れてしまいます。また、最近の子供さんは発育が良いので、小学校高学年にもなるとベルト自体の長さが足りなくなり、窮屈になってしまうケースがあるのだそうです。6年間使うものですから、お子さんの成長も考えて、窮屈になった場合にベルトを長くすることができるかチェックして選びましょう。また、ベルトはなるべく長いものを選びましょう。

お子さんが成長するにつれて、体も大きくなり、肩幅も広がってきます。ランドセルを背負いやすくするために、ベルトが付け根から先端に向かってV字型になっていて、ベルトを長くすることで首周りの幅を広げることができるものを選んであげましょう。また、ランドセルを背負う、下ろすの動きをスムーズにしてくれる部品が付いているものが良いでしょう。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさについて

ランドセルの錠前は、錠前は練習しなくてもすぐ使える簡単なものを選んであげましょう。ワンタッチタイプのマグネット式に止め金具が有ると安心ですが、そのほか、穴を選ば無くてもすむ、縦穴式の錠前が使いやすいと思います。

仕切りポケットはシンプルなものが人気があるようです。
「仕切りポケットは2段式で十分」というのが、多くの小学生の意見だそうです。3段式のものもありますが、子供さんには、細かすぎるポケットはかえって不便なのだそうです。 また、3段式などの仕切りが多いランドセルは、教科書を入れるメインの収納部分(マチといいます)が狭くなるので、使いにくくなります。また、教科書を入れるマチは12cm位のゆったりしたタイプのランドセルなら出し入れもしやすいので使いやすいそうです。

ファスナーポケットは大型が使い勝手が良いようです。せっかくファスナーが付いていてもポケット自体が浅い場合や、マチが狭かったりすると使わないことが多いようです。ポケット自体が深く深さ20センチ以上、ある程度の幅を持ったものならば使いやすいようです。

ランドセルのフタは柔らかい開け閉めのしやすいフタものを選んであげてください。フタが硬いと、折れたところにシワが出来てしまい、ランドセルの素材が傷みやすくなるのと、フタの開け閉めも難しくなり不便です。

その他、肩ベルトも背負いやすいか確認してください。背カン(肩ベルトの取り付け金具)が動くことでお子さんの体にフィットし、成長に応じた働きをします。 ランドセル 2008モデルでは、「天使のはね」「妖精の翼」などの構造は大好評です。 また、ランドセルの裏側(背中側)が体に密着すると背中が蒸れやすくなるので、ランドセルの背面に空気が流れる凹凸があるのをを確認しましょう。 3LサイズのランドセルはA-4サイズが完全に収納でき、副教材も楽に収納できるので使いやすいです。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの重さ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの重さについて

現在の業界の常識では、耐久性が優れていて、軽くてお子様に優しい、クラリーノが、ランドセル用の素材として、一番適しているといわれています。ランドセル 2008モデルでも、一番の人気はやはりクラリーノ製のものとなっています。

ですが、この非常に軽いクラリーノを使って、手を抜かずに丈夫に実際にランドセルを製造してみると、約1000g〜1100g前後の重量になるのは必然なのだそうです。「子供のためになるべく重量の軽いものを」という気もちはわかるのですが、あまりにも重量の軽すぎるランドセルは、補強不足の心配がありますし、素材の生地が薄すぎて耐久性に不安があると思ったほうがいいと思います。

少し前、各メーカーがランドセル軽さを競ったことがあって、ランドセル自体の重さが700gを切ってしまうような軽量のランドセルが生産され販売されたことがありましたが、これらには、どうも丈夫さ・耐久性にやはり問題があったようです。

お子様に軽いランドセルをと言う気持ちはとてもよく解るのですが、ほぼ毎日お子様が6年間も使用するものですから、軽さのみでなく耐久性、サイズ、色、デザイン等も十分考慮に入れて選んで購入しましょう。

ランドセル 2008モデルの傾向について

2008 ランドセルの価格帯について

2008 ランドセル価格帯について

いろいろ見て回りましたが、2008 ランドセル価格は近年とさほど変わらないように思います。本革製のもので実売価格が35,000〜45,000円程度、クラリーノ(人工皮革)製で実売価格が25,000〜35,000円程度が大体の相場のようです。また、2007年タイプのランドセルならば、上記の価格帯よりも場合によっては2割以上お買い得になっているようです。昨年のタイプといってもデザインもさほど変わるものではないですが、せっかくの新入学だし、6年間お世話になるものですから、最新のランドセル 2008モデルを買ってあげたいという気持ちもあると思うので、ご本人と親御さんで相談して決めるといいと思います。

ランドセル 2008の価格についてもう一言。ランドセルの割引率に惑わされないようにしてください。 なんとなく割引き率が大きい商品の方がお買い得のように感じると思いますが、ランドセルの価格の割引率は、あまり当てにならないです。むしろ割引額が大きい場合ほど注意が必要だと思います。まったく根拠のない価格をメーカー小売希望価格と表示して販売されているケースもあるので、製品内容をよく確認してから購入しましょう。

ランドセルの価格は特に基準がないですし、私たち消費者も購入の機会はお子さんが入学するときくらいのもので、価格に対する予備知識はほとんど無いといって良いと思います。実際に販売している価格でメーカー小売希望価格設定している良心的なメーカーも有れば、はじめから3,4割引で売る為にメーカー希望価格をわざと高く決めているメーカーもあるようです。 ですので、メーカー希望価格そのものがほとんど当てにならないのです。

ですから、ランドセルの品質と実際の販売価格を他のランドセルと比較して、自分の納得のいったものを選ぶようにしてください。実売価格で余りに安いと思う場合は敬遠したほうが無難だと思います。

ランドセル 2008モデルの傾向について

2008 ランドセルの流行色

2008 ランドセルの流行のカラーについて

管理人の子供のころは、ランドセルの色は「男の子は黒、女の子は赤」となんとなく決まっていた記憶があるのですが、最近では様々な個性的な色のランドセルが登場しています。 「カラーランドセル」という言葉があるように、2008 ランドセルも、カラーバリエーションが豊富です。

2008 ランドセルでは、男の子は黒は定番ですが、他には紺・深緑など、女の子はピンク又はワイン色など、お子様が希望されて、カラフルな色のものを求める方もいらっしゃるようです。

ただし、ここで注意点。たいていの場合、実際に学校にランドセルを背負っていくと、自分以外の子は黒か赤のスタンダードなものばかりなんてことが多いようです。自分のランドセルが人と違っていて目立つので、かえって人前にに出るのを嫌がる子供さんになっってしまったとか、最悪の場合にはいじめの対象になってしまったとか、良くない話をきいたことがあります。ランドセルだけの問題ではないといわれますが、まわり子供と歩調をあわせるのも大事かと思いますので、ご注意を。

2008 ランドセルの色の傾向以外では、これまでのランドセルの表面にツヤのある「ピカピカ」タイプのものより「つや消し」タイプあるいはつやを抑えたタイプのランドセルが人気があるようです。

ランドセル 2008モデルの傾向について

ランドセル2008モデルの人気の素材の種類2

ランドセル2008モデルの素材の種類本皮について

近年ののランドセルがつくられている素材は、大きく分けて人工皮革製品と本皮製品の2種類に分けられます。人工皮革製品軽くて丈夫、防水効果に優れているなどの特徴を持っています。それに対して本皮製品の特徴は、人工製品のように均一に製造されるものではないので、時には生きていた証である「キズ」をみつけることもあります。本物の皮革なので、味わいもあり、永く愛着を持って使っていただけると思います。

革の風合いを好まれる方は、本皮製品のランドセル2008モデルはいかがでしょうか。本皮にも牛革、馬革など種類があります。
1.牛皮・・・使うほどに愛着がわいてくる本物志向の素材です。 革独特の風合いを持っています。
2.コードバン・・・馬皮の尻の部分の皮を使っていて、馬1頭から1〜2枚しか取れない貴重な素材といわれています。型くずれが少なとされていて長年美しい光沢を保つそうです。


ただし本皮製品は、価格の安い商品は、避けた方が良いでしょう。また、本革製品のランドセルは雨などに濡れてしまうとシミになるといわれていて、お手入れする必要があるので注意しましょう。

余談ですがある統計によると、関東地方では、人工皮革のランドセルと本皮のランドセルを購入する割合が約4:6ですが、関西地方では、約7:3の割合にということです。関東の方は、牛革に対するこだわりが強く、関西の方は、軽くて長持ちのするクラリーノを選ぶ傾向にあるそうです。見てくれよりも実をとるといったところでしょうか(笑)

ランドセル 2008モデルの傾向について

ランドセル2008モデルの人気の素材の種類1

ランドセル2008モデルの素材の種類について調べてみました。

最近のランドセルがつくられている素材は、大きく分けて人工皮革製品と本皮製品の2種類に分けられます。他にも布製などもあるようですが、人工皮革製品と本皮製品が人気があるようです。

ランドセル2008モデルも含めて、最近の主流は人工皮革製品の「クラリーノ製のランドセル」です。 クラリーノは、株式会社クラレが製造している人工皮革で、天然皮革の持つ精微な構造を化学的に再現したものです。軽くて丈夫なクラリーノ製が主流となっています。特徴としては、クラリーノは、まず軽いのでお子様が背負っても疲れにくいです。それと、防水効果に優れていて、人工的に作られた皮革なので軽く雨などの水分にも強いので、ランドセルには一番適している素材といわれています。

そのクラリーノにもいくつか種類があります。

1.クラリーノ
クラレが開発した人工皮革。丈夫で軽い。水に強く、お手入れも簡単です。
2.クラリーノF(FX)
クラリーノに比較してソフトで、ツヤ・質感・透湿性が優れています。
3.クラリーノ・テクラス
クラリーノの最高級品といわれています。クラリーノを原反加工し、表面強度を向上させ耐傷性を高めたものだそうです。値段も少々お高くなっています。

このようにクラリーノにも様々な品質ものがありますので、ランドセルは、お子様が小学校に通う6年間は最低限使用するものですから、上質クラリーノ製のランドセルを買ってあげることをお勧めします。

ランドセル 2008モデルの傾向について

2008 ランドセルの傾向・ニュータイプと従来型のランドセルの違い

2008 ランドセルの傾向について調べてみました。
ここ何年かは、いろいろなタイプの新しいランドセルが登場し、様々な種類が増えているようです。

新しいタイプのランドセルの販売数は、年々増加しており、従来型のランドセルよりもよりデザインなど個性的なモノを好む傾向になっているようです。デザインでいうと例えば 半かぶせタイプのランドセルや、お子様に大人気のキティちゃんやポケットモンスターなどがデザインされたものも販売されており、バリエーションが豊富になっています。

素材についてですが、最近のランドセルは、軽くて丈夫なクラリーノ製が主流となっています。特徴としては、クラリーノ製が軽くて防水効果に優れているのに対して、本革製のものは耐久性が優れています。クラリーノは天然皮革の構造と性能を技術の力で再現した人工皮革です。軽く、水や汚れにつよく、丈夫で長持ちなのでランドセルに適した素材です。

また、同じクラリーノでも品質によってランクがあって値段のほうも異なってきます。少なくとも6年間使うものですので、高くても上質のクラリーノ製のランドセルをおすすめします。
本革がお好みの方は、極端に値段の安い製品は避けたほうが無難だと思います。

色については、今や「カラーランドセル」という言葉に代表されるように、ランドセルのカラーバリエーションがとても豊富になっています。ただ、あまりに目立つ配色を選ぶとお子様がいじめの対象になってしまうということもあるようですので、ご注意を。
また、大きなランドセル専門店でないと扱う色の数が少ないことがあり、希望のデザインや色が求められないようです。

その他、ご存知のとおり、犯罪や事故に低学年のお子様が巻き込まれるケース多くなってきていて、また通学時の子供の安全確保のために、親御さんが自衛用の防犯ブザー付のランドセルを購入されることも多く、防犯ブザー付のランドセルが人気が出ています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。