ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの丈夫さ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの丈夫さについて

ランドセル 2008モデルを選ぶ際、ランドセルの丈夫さもその選ぶ基準になると思います。ランドセルの丈夫さを見るひとつのポイントは、補強部分を見るとよくわかります。ランドセルの補強部分は、ランドセルを製造するときに最も手間がかかるといわれています。ランドセルの丈夫さがランドセル選びのポイントのすべてとはいえませんが、そのメーカーの商品作りのレベルや姿勢が良くわかります。

どんなランドセルも職人さんの手縫いとミシンとで作られています。ランドセルは構造が複雑なためミシンでは縫えない箇所はどんなランドセルでも手縫いで作られています。最近は、学校で、ロッカーにランドセルをしまうことが多く、背負いベルトのステッチが擦れ易いのでこの部分にてがかかっているものほど、丈夫であるといえます。

ランドセルの背負いベルトを作っているステッチは、4本のステッチよりも6本のステッチのもののほうが、丈夫で安心できます。また、背負いベルトは穴裏の部分が傷みやすいので、見せ掛けだけの補強のものは注意が必要です。背負いベルトの取り付け部分は最も力のかかる部分なので、この部分にも注意が必要です。各メーカーによって仕様が異なっているので、よく比べてみて満足のいくものを選んでください。

錠前取り付け部分は開け閉めのたびに力が掛かる部分なので、この部分もよく比べてみて満足のいくものを選んでください。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの丈夫さについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・防犯ブザー

ランドセル 2008モデルの選び方・防犯ブザーについて

近年、犯罪や事故に小学生が巻き込まれるケース多くなってきているのはご存知のとうりです。また通学時の子供の安全確保のために、親御さんが自衛用の防犯ブザー付のランドセルを購入されるケースも多く、防犯ブザー付のランドセルが人気があります。

ランドセル 2008モデルも含めて、最近では防犯ブザーが付属していなくても、防犯ブザーフック付きのランドセルが増えてきています。しかし、固定式の防犯ブザーフックは、子供さんの身長が大きくなる高学年になってくると肩の上にフックが来てしまって使用できないことがあるようです。このことから、防犯ブザーフックは移動できるものを選ぶのが良いと思います。

また、防犯ブザーが必要ない場合は取り外すことができるランドセルを選んであげましょう。防犯ブザーは近年普及してきていますが、使わない場合もあるようなので、その場合は取り外すことができるものが便利です。

また、防犯ブザーをせっかく持たせていても、ランドセル側面に取り付けていては、いざというときに手が届かず使用できないことがあるようです。防犯ブザーは体の前面に取り付け、お子さんの手が届くところに取り付けてあげないと、防犯ブザーの効果を発揮する事はできないことがあるので注意しましょう。必ず手の届きやすい場所にに取り付けてあげてください。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・防犯ブザーについてでした。

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルのアフターサービス

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルのアフターサービスについて

ランドセル 2008モデルを購入したとき、6年間保証がついていると思います。しかし、保証と言っても、各メーカーによってその内容に差があるようです。また、普通の場合、「6年間保証」といっても、それは正常に使用している場合の破損の「品質保証」という場合がほとんどです。

しかし、実際にランドセルを使用するは、遊びたい盛りのお子さんですし、正常使用以外で壊れてしまう場合や、いつ壊れたかわからないなどで故障する場合もあります。アフターサービスの内容も各メーカーによって違う場合があるので、この部分の故障は有償になってしまうのか、それとも無料で保証してもらえるのかなど、具体的な無料保証の内容を確認しておきましょう。

6年保証の内容確認について
1.どの程度の故障まで無料保証なのか確認しておく。例)故意に壊してしまった場合など。
2.保証書を失くしてしまった場合の保証は受けられるか?
3.修理に掛かる時間の確認、貸し出し用ランドセルの有無。
4.送料負担の問題。
5.品質保証=6年間の故障箇所の修理保証ではない。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルのアフターサービスについてでした。

ランドセル 2008モデルの傾向について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さについて

ランドセルを選ぶ際に、そのランドセルがご自分のお子さんに背負わせることを考える必要があります。そうかといって、軽いものを選んでしまうと、サイズが小さ過ぎて教科書などが入りきらずに失敗したという方も多くいらっしゃるようです。

「このランドセルが軽いから」という理由でランドセルを選ぶのではなく、背負い易さ・使いやすさ・丈夫さを考えた上での軽さが重要になってきます。

ランドセル 2008モデルも含めて、今のランドセル業界では、ランドセルの重さは、1s位が標準とされています。700gや800gなどの極端に軽いランドセルは、サイズが小さいため収納力が低かったり、表面の素材が薄いため擦り切れなどの傷に弱かったり、ランドセルを補強するための材料が少なく型崩れなどを起こしてしまうなど、いろんな問題があるようなので注意が必要です。

防水性能もランドセルの重さに影響する場合があります。撥水加工のものだと、雨などでランドセルが濡れてしまった場合、ランドセルの糸目から裏地や芯材まで水が染み込むことになるので、水を吸ったランドセルは重くなってしまいます。子供さんは6年間、雨の日も学校へ通学するのですから、防水加工がしっかりとしたランドセルを選んであげましょう。

ランドセルは軽いものであるのにこしたことはありませんが、
丈夫さ、収納力、使いやすさ、背負いやすさ、安全性なども考慮に入れて、ランドセルを選んであげることが重要と言えると思います。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さについてでした。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。