ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさについて

ランドセルの錠前は、錠前は練習しなくてもすぐ使える簡単なものを選んであげましょう。ワンタッチタイプのマグネット式に止め金具が有ると安心ですが、そのほか、穴を選ば無くてもすむ、縦穴式の錠前が使いやすいと思います。

仕切りポケットはシンプルなものが人気があるようです。
「仕切りポケットは2段式で十分」というのが、多くの小学生の意見だそうです。3段式のものもありますが、子供さんには、細かすぎるポケットはかえって不便なのだそうです。 また、3段式などの仕切りが多いランドセルは、教科書を入れるメインの収納部分(マチといいます)が狭くなるので、使いにくくなります。また、教科書を入れるマチは12cm位のゆったりしたタイプのランドセルなら出し入れもしやすいので使いやすいそうです。

ファスナーポケットは大型が使い勝手が良いようです。せっかくファスナーが付いていてもポケット自体が浅い場合や、マチが狭かったりすると使わないことが多いようです。ポケット自体が深く深さ20センチ以上、ある程度の幅を持ったものならば使いやすいようです。

ランドセルのフタは柔らかい開け閉めのしやすいフタものを選んであげてください。フタが硬いと、折れたところにシワが出来てしまい、ランドセルの素材が傷みやすくなるのと、フタの開け閉めも難しくなり不便です。

その他、肩ベルトも背負いやすいか確認してください。背カン(肩ベルトの取り付け金具)が動くことでお子さんの体にフィットし、成長に応じた働きをします。 ランドセル 2008モデルでは、「天使のはね」「妖精の翼」などの構造は大好評です。 また、ランドセルの裏側(背中側)が体に密着すると背中が蒸れやすくなるので、ランドセルの背面に空気が流れる凹凸があるのをを確認しましょう。 3LサイズのランドセルはA-4サイズが完全に収納でき、副教材も楽に収納できるので使いやすいです。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの使いやすさについてでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55818168
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。