ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさについて

ランドセルの背中に当たる部分は、ランドセルを背負ったときの通気性が優れている防水素材のものを選びましょう。ランドセルを背負ったときの背中は、湿気がこもってしまうので、通気性・防水性に優れた素材のものを選びましょう。背中に牛革を使って高級感を出した少々値の張るランドセルがあるそうですが、牛革は湿気に弱いので汗を吸収すると傷んでしまい、カビの原因になるそうです。

ランドセルの背中の形状は、背負いやすさにはあまり関係が無いそうです。背中にステッチなどが入ったものがありますが、ランドセルの背負い易さはベルトの形状で決まるので、あまり気にしないで良いでしょう。

軽くて耐久性のあるクラリーノが、ランドセル用の素材として最適といわれていますが、 クラリーノを使っても、手を抜かずにランドセルを作ると、約1s〜1.1s前後の重量にはなるそうです。さらに、ランドセルは教科書などが入ると2〜3sの重さになります。しかし2〜3sの重さであっても、ランドセルのベルトの構造によって、小学生のお子さんの体への負担軽減になり、さらに背負いやすさも変わってきます。ベルトが肩にフィットしていないランドセルだと、肩ズレが起こって、子供さんにとってはランドセルを背負うのが苦痛になります。お子さんの肩のラインにフィットする形状のベルトを選びましょう。

また、背負った時の状態について説明すると、肩と背中の間に隙間ができないようにランドセルが体にフィットしていると、ランドセルの重量を肩と腰の部分とで支えるようになるので、体への負担が少なくなります。

体にフィットする形状のベルトを選んでも、ベルト自体がきつい場合は、体への負担軽減してくれる効果は薄れてしまいます。また、最近の子供さんは発育が良いので、小学校高学年にもなるとベルト自体の長さが足りなくなり、窮屈になってしまうケースがあるのだそうです。6年間使うものですから、お子さんの成長も考えて、窮屈になった場合にベルトを長くすることができるかチェックして選びましょう。また、ベルトはなるべく長いものを選びましょう。

お子さんが成長するにつれて、体も大きくなり、肩幅も広がってきます。ランドセルを背負いやすくするために、ベルトが付け根から先端に向かってV字型になっていて、ベルトを長くすることで首周りの幅を広げることができるものを選んであげましょう。また、ランドセルを背負う、下ろすの動きをスムーズにしてくれる部品が付いているものが良いでしょう。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの背負いやすさについてでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55999830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。