ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能について

ランドセルの防水性能は、その防水性が一時的な撥水加工なのか半永久的な防水加工なのかが重要になってきます。さらにランドセルの表面の加工だけでなく、裏地や芯材にも防水加工が施してであるかどうかも重要です。

現在販売されているランドセルの中で、大半のランドセルの防水加工は、クラリーノや牛革の素材自体に撥水加工がされているということを意味しています。撥水加工というと、完全に防水に対応しているイメージがありますが、水をはじく加工がしてあるのはランドセルの表面だけなので、ランドセルの裏地や芯材が防水加工を施してあるという意味ではありません。

表面の撥水加工だけだと、雨などでランドセルが濡れてしまったり何らかの原因で水でぬれてしまうと、ランドセルの糸目のところから水が浸み込んでしまい、裏地・芯材が濡れるなどしてランドセルが痛んでしまう原因となるのだそうです。内部まで水分が浸み込んでしまうと、乾きにくいので、カビの原因になったり、最悪腐ることがあるそうです。

チェック柄素材のランドセルも同様で、ふたの裏や内装材などが一見防水加工に見えても、表面にビニールコーティングしてあるだけでだと、糸目から浸水して布地が濡れてしまい、やはりカビなどの原因になります。水を吸ってしまったランドセルはその分重量が増えるため、子供さんへの負担が大きくなってしまい、大変可哀想なことになります。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの防水性能についてでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。