ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの選び方について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材について

ランドセル 2008モデルも含めて、最近のランドセルを製造するのに採用されている素材は、大きく分けて人工皮革製品と本皮製品の2種類があります。人工皮革製品の代表はクラリーノで、最近のランドセルの売れ筋は軽くて丈夫なクラリーノ製が主流となっているそうです。クラリーノは、(株)クラレが開発した人工皮革で、従来の合成皮革にない様々な性能を発揮しています。片や、本皮製品の代表は牛革です。牛革は、皮革なので、味わがあり、永く愛着を持って使えるのが特徴です。

クラリーノは、軽くて丈夫、防水効果に優れているなどの特徴を持っています。そのほかの特徴としては、牛革に比べて重量が軽い、牛革と比較して引き裂きの力に弱い、水分に強いなどの特徴があります。ランドセルの部品としてクラリーノが適している箇所は、背負いベルトの裏や背中にあたる部分などの汗をかく箇所、ランドセルのフタの裏側などがあります。

牛革の特徴としては、クラリーノに比べて引き裂く力に強い、クラリーノに比べて重い、馴染みやすい、水分を嫌うなどの特徴があります。牛革が適している箇所は、背負いベルトや、下ベルトなどの力が掛かってくる箇所に部品として使われていると良いといわれています。

ランドセルは場所によって、引っ張りや摩擦力などの強い力に耐える強度が必要な部分や、 湿気や水に対処する部分など、役割が異なってきます。総牛革のランドセルや総クラリーノのランドセルよりも 素材を適材適所組み合わせたランドセルが理想なのだそうです。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの素材についてでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56319801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。