ミキハウス オーダーキャンペーン★ランドセル★<<送料無料>>
オンラインで外国為替取引「FXダイレクト」

ランドセル 2008モデルの傾向について

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さ

ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さについて

ランドセルを選ぶ際に、そのランドセルがご自分のお子さんに背負わせることを考える必要があります。そうかといって、軽いものを選んでしまうと、サイズが小さ過ぎて教科書などが入りきらずに失敗したという方も多くいらっしゃるようです。

「このランドセルが軽いから」という理由でランドセルを選ぶのではなく、背負い易さ・使いやすさ・丈夫さを考えた上での軽さが重要になってきます。

ランドセル 2008モデルも含めて、今のランドセル業界では、ランドセルの重さは、1s位が標準とされています。700gや800gなどの極端に軽いランドセルは、サイズが小さいため収納力が低かったり、表面の素材が薄いため擦り切れなどの傷に弱かったり、ランドセルを補強するための材料が少なく型崩れなどを起こしてしまうなど、いろんな問題があるようなので注意が必要です。

防水性能もランドセルの重さに影響する場合があります。撥水加工のものだと、雨などでランドセルが濡れてしまった場合、ランドセルの糸目から裏地や芯材まで水が染み込むことになるので、水を吸ったランドセルは重くなってしまいます。子供さんは6年間、雨の日も学校へ通学するのですから、防水加工がしっかりとしたランドセルを選んであげましょう。

ランドセルは軽いものであるのにこしたことはありませんが、
丈夫さ、収納力、使いやすさ、背負いやすさ、安全性なども考慮に入れて、ランドセルを選んであげることが重要と言えると思います。

以上、ランドセル 2008モデルの選び方・ランドセルの軽さについてでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58879292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。